· 

排水アジャスターとは

本日は、弊社のトイレキャンペーンの広告を見て「トイレを交換して欲しい」というお客様宅にお伺い。ずいぶん前にトイレから水漏れをしていて、広告を見て交換を決意されたそうです。お伺いするとトイレ内が水漏れで湿気がすごく、トイレの壁紙(クロス)がカビだらけ。。。お客様より「内装工事も頼める?」と言われましたので、床・壁・天井・巾木の交換も対応させて頂きました。工事の際、お客様から「排水アジャスター(リモデルタイプ)」っていう部品を見たいと仰られたので、工事中に見てもらいました。他のお客様で気になる方もいらっしゃると思うので、このブログ写真でご紹介!!


トイレ取り外し後


トイレ取り外し後
トイレ取り外し後

トイレを取り外すと、このように床に穴が一つだけ空いています。この穴にトイレの汚水を流しているんですねぇ。


排水アジャスター


排水アジャスター
排水アジャスター

TOTOやLIXIL(INAX)、Panasonicなどトイレを扱っているメーカーは、トイレの排水の穴の位置が製造過程で決まっているんです。そのため、トイレに合わせて排水管を床の上で作ってあげるんです。


取り付け位置


排水アジャスター取付位置
排水アジャスター取付位置

取り付けるトイレによって排水の位置が異なりますが、TOTOだと壁から200mmの位置に変更してあげます。


トイレ取り付け後


トイレ取り付け後
トイレ取り付け後

排水管を作成して、便器を取り付けると、作成した排水管は便器で隠れて見えなくなります。


メーカーさんもよく考えたものですねぇ。

この排水アジャスターが無ければ、

①床を壊す

②床下の排水管を所定の位置に変更する

③床を作り上げる

④床にクッションフロアを貼る

という①~④の工程が必要なのに、いっきにその工程を無くされたナイスアイデアな部品!

リモデルタイプのトイレを交換する際に必ず必要な部品ですね!!